ベビー服、水通しでふっくら、安心

water

ベビー服の水通し。

聞いたことはあるけれど、それって必要なの? 必要だとして、どうやってやるの?

新米妊婦さんなら、そんなことを思ったことがあるかもしれません。

「水通し」とは、読んで字のごとく、水に通す――水に晒すことです。
でも、大人の服はそんなことあまりしませんよね。どうして、ベビー服は水通しをするのでしょう。

・水通しのメリット

売られている衣類には、糊がついていることがあります。これによって、形が整い見栄えもよくなっているのですが、パリッとしているために、このまま着るのはちょっとごわごわして肌触りがよくありません。大人なら特に気にしない人もいるでしょうが、生まれて間もない赤ちゃんには、このままの状態では着せたくないなぁと思うのが親心。水通しをすることで、糊が取れて、生地がふっくらとすることになります。

 また、一度水を通すことで、吸水性が高まって赤ちゃんの汗を吸いやすくなる、という効果もあります。実は、買ったばかりの綿製品は、あまり水を吸いません。新品のタオルもそうですよね。一度、水に晒されたあと、ぐんと吸水性が高まるのです。

 もうひとつ、忘れてはいけないのが、ホルムアルデヒドの除去、という理由です。衣類は、その製造過程において、ホルムアルデヒドを使うことがあります。これは、しわを整えたり、衣類の縮みを防ぐために使われるのですが、刺激物であるため、これが残ったままの状態で着るのはあまり望ましくありません。もちろん、厚生労働省の規制によって、衣類に残留するホルムアルデヒドの数値は規制されているのですが、百パーセント、残留していないわけではありません。水に晒すことで、このホルムアルデヒドが除去できる、という効果もあるのです。

・水通しのやり方

さて、では実際に水通しとはどうやって行えばいいのでしょうか?

やり方はとても簡単です。水に通す、つまり洗濯をすればいいのです。

この際、できれば手洗いだとよりベビー服に優しいのですが、妊娠中でそれでなくても身体を動かすのが辛い時期なので、そこまでこだわらずとも、洗濯機を使ってもまったく構いません! 洗濯ネットに入れて軽く洗えば、それで十分。まだ新品で、汚れがついているわけではありませんので、洗剤を使う必要はないのですが、もし使うのであれば、赤ちゃんにも優しい洗濯石鹸だと安心ですね。その場合は、ちゃんとすすぎもしてくださいね。

洗濯をしたあとは、優しく形を整えて、お日様の元に干しましょう。

陽の光を浴びて、ふっくら柔らかくなったベビー服を取り込むときは、きっと幸せな気持ちになっていることでしょう。赤ちゃんの誕生が、楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です